スマートフォンサイトへ戻る

書籍のお申し込み

薬剤師のための『薬物動態学10の鉄則』
  • 発行:アドバンス・クリエイト
  • A4判、48ページ/2013年11月30日第1刷
  • 在庫あり
  • 定価:1,188 円(税込み)
購入する
一覧に戻る

薬剤師のための『薬物動態学10の鉄則』

菅野彊・著

主なコンテンツ

[prologue] 薬物動態学の根幹を集約した、”10の鉄則”を覚えよう!
[鉄則1] 線形型薬物と非線形型薬物
[鉄則2] 腎排泄型薬物と肝消失型薬物
[鉄則3] 定常状態がある薬物とない薬物
[鉄則4] 薬のたん白結合率
[鉄則5] 薬物総クリアランス
[鉄則6] 腎障害時の薬物投与量の決定
[鉄則7] 単回投与時の薬物最高血中濃度
[鉄則8] 定常状態平均薬物血中濃度&最高最低血中濃度
[鉄則9] 一次消失速度家庭の投与量の変更
[鉄則10] 非線形薬物の投与量決定

著者プロフィール

菅野 彊(かんの つとむ)
1941年、岩手県平泉町に生まれる。67年東京薬科大学卒業。製薬会社、薬局自営、病院勤務、医薬品卸勤務を経て、99年4月に合資会社どんぐり工房を設立する。著書に『Drug Information ものがたり』(小田島医薬情報センター)、『これからのDrug Information』(医薬ジャーナル社)、『わかる臨床薬物動態理論の応用』(医薬ジャーナル社)、『実践副作用学』(医学ジャーナル社)、『薬物動態を推理する55Question』(南江堂)、
『どんぐり式薬局副作用学のススメ「まず疑え」から始めよ』(日経BP社)などがある。サーチャー2級。

 

スマートフォンサイトへ戻る